今すぐ!簡単にできる!お部屋のイメージチェンジ!! ファブリック(布・生地)、着物・帯の活用のススメ

こんにちは。

フリーランスのインテリアコーディネーター稲山聖子です。

お家にいる時間も増えてきて、
よく『お家を居心地よく整えよう!』とか、
『お部屋を素敵にしよう!』
という言葉を耳にするけど、

 

具体的にどうすればいいのか分からない。

自分であれこれいじって失敗するのは嫌だ。

部屋の雰囲気は変えたいけどお金はかけられない

 

という方に、

 

簡単に!

そんなにお金もかけず!

ガラっと雰囲気が変わり!

失敗してもやり直しができて!

何度でも気軽に変えられる!

 

そんな簡単な方法を教えます!!

 

その前に、
間取りを変えたり、壁紙や床を張り替えたり、
カーテンやソファを変えれば、
部屋の雰囲気はガラリと変わりますよね。

これらは部屋に占める面積が大きいので、
どれか一つを変えるだけでも雰囲気を変えることができます。

 

カーテンは生地選びからデザインまで自由度が高いので、
インテリアコーディネーターの腕の見せ所でもあり、
そこに重きを置いているコーディネーターも多いですし、
私も是非携わらせて頂きたい分野だと思っています。

でも!
でも!!

カーテンって、生地を選んで、デザインして、縫製して、取り付けして・・・
となると、
窓の大きさや生地の価格にもよりますが、
かなり高額になってしまいます。

 

一度取り付けると、なかなか気軽に変更することができません。
大体、10年、20年同じものがついています。

 

壁紙や床もしかり。

新築や大々的なリフォーム中ならともかく、
生活しながら張り替えるのはとても大変ですし、
気軽にはできません。

 

でも、そんな大掛かりな事をしなくても、
部屋の雰囲気を変えることが気軽に出来るんです!!

 

それが、ファブリック(布・生地)です。

 

大きな生地屋さんなら、普段見かけないような
ちょっと変わった生地と出会えることもあります。

 

これをテーブルクロスにしてみる。
センタークロスにしてみる。
タペストリーにしてみる。
カーテンの一部に飾りのように掛けてみる。
ソファカバーにしてみる。
クッションにしてみる。

 

ミシンが使えるなら(直線縫いができれば問題ないです^^)
簡単に作ることができますし、

ミシンが無い方や裁縫に自信がない方でも、
最近は、『裁縫上手』(←たしかこんな名前・・)
なる裁縫用接着剤が販売されているので、
ひっつけるだけで布端の処理は簡単にできると思います。

 

好きな生地を買ってきて、
ミシンや接着剤で端を処理して、
好きな場所に掛けるだけで、
簡単に部屋の雰囲気を変えられます。

 

もし失敗しても、簡単に変更できるし、
飽きた頃や季節ごとに変えて、楽しみも倍です。

あと、
生地を買わなくても、自宅に眠っている物でも活用できますよ。
例えば、
タンスの肥やしになっている着物なんか干してみてはどうですか?

 

洋服用のハンガーではなく、
着物用の長い竿に干せば
(無ければ、園芸用の長い支柱でも代用できます)

柄が奇麗に広げられて、
タペストリーのように飾れますし、
着物を干してお手入れできるし、
一石二鳥です。

飾れるような大きな壁が無い時には、
帯が干せるくらいの長さのポールに
帯を飾って(干して)みるのもいいですよ。

私は、帯を変わり結びにして壁に飾って見たりもしました。

このベッドルームの右側に掛けられたのは、
使わなくなった古い帯です

拡大すると

 

 

こんな感じ

帯の両サイドにカーテンのタッセルを帯締めのようにあしらって飾っています。
このベッドルームは洋の雰囲気ですが、
そこにあえて和を加えてみるのも素敵だと思いませんか?

 

インターネットやInstagramの着物を検索すれば、
帯の飾り結び(薔薇とか蝶とか)の結び方が出てくるので、
輪ゴムや紐、安全ピンなどを使って
(着用しないのでなんでもござれ!)
簡単にできます。

 

あと、使用しない帯は
センタークロスにリメイクするのもお勧めです。

 

どうですか?

すぐにでも出来そうですよね~^^

どうぞ、皆さん試してみて下さいね

 

長く使うカーテンは、やっぱりプロに相談したい!!
とお考えなら、どうぞお気軽にご相談下さい。

メールでのご相談もお受けしますのでお気軽にどうぞ^^。
メールならdesign.sp41@gmail.com

 

では、また来週金曜日にお会いしましょう

 

お問合せはこちら

ラインからのお問合せはこちらから
友だち追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です