保護猫 カボチャ が稲山家にやってきた!(後編)

こんにちは。

空間デザイナー/インテリアコーディネーターの稲山聖子です。

毎日 雨・雨・雨・・・

ホント、うんざりしますよね。

水はけの悪い我が家は水上住宅化して、
タイ旅行での水上マーケットを思い出し懐かしんでいます^^

 

以前の記事はコチラ⇒『カビルンルン♪水はけの悪い土地には気をつけろ!!』

 

 

さて、今回は前回の保護猫カボチャさんのご紹介(後編)です。

 

保護された死にかけの子猫ちゃんがどうなったのか・・・

 

猫カリシウイルスで日に日に弱り入院していたカボチャさん、
無事退院し、稲山家の一員になることに。

 

私は、生まれて初めての猫飼育。

 

小さい頃からずっと犬が一緒で100%の犬派!!で、
猫を飼いたいと思ったことは一度もなく、たぶん保護という形でなかったら、
猫を飼う事はなかったかも・・・

 

それに対して、ダンナは犬も猫も多頭飼いしていた経験があり、
『猫を飼うのは大変だ!』と口酸っぱく言ってました。

 

大変ポイントは(個体差はありますが)

1、壁・家具・カーテンを引っ搔いてボロボロにする!

2、トイレの躾は楽だけど、たまにマーキングすると匂いが大変だ!

3,台所に上がる、食卓テーブルに上がると衛生的に管理監視が難しい!

4,棚に飾り物が置けない!

5,猫の毛は、アレルギー持ちにはたいへーーん!

 

 

大変ポイントを重々聞かされて、意を決して飼ったカボさん。

蓋を開ければ、

1、与えられた爪とぎしか引っ搔かない!壁・家具・カーテンも興味なし!

 

2,マーキングやお漏らしナシ!トイレでちゃんとする!!

 

3、最初は台所や食卓テーブルに上がったけれど、下ろされるとイケナイ事だと理解し、すぐに上がらなくなった^^

 

4,棚に飾り物が置けない!は事実(苦笑)。

花瓶を3つも割られたり、生花をむしゃむしゃ食べらりたり・・。

でも、割れない花瓶や造花で代用したり、小物が倒れないよう紐や粘着ジェルシートで固定すれば問題なしとなった!!

 

ここまで懸念していた大変ポイントを全てクリアーしたカボさん^^

 

5・・・これはもう私の問題なのでしょうがないが・・・

毛がね。綿毛タンポポのようにふわふわして、私の鼻の穴の中に吸い込まれていくわけですよ。

悪気の無い綿毛タンポポが私の中で悪さをする><

鼻グジュグジュ、目も痒くてたいへーーーん><

しかも、カボさん私のお膝の上でマッサージされるのがお気に入りで、私は毎日何度も綿毛の刑を受けるんですよ!!

しかも!しかも!

家具の隙間に入り込んで、お掃除モップになって家中のホコリを拾ってくるからタイヘーーん!!

PCの後ろで暖を取るカボさん。

そして、目があいたまま爆睡(苦笑)

 

母ちゃんのお膝に乗りたがるカボさん。

 

お花をむしゃむしゃ食べるカボさん

 

カボチャは、よく人を見ていて、私にはお膝マッサージを要求して甘えてきますが、

子供達は遊び相手として認識しているようで、一緒に走り回ったり、噛みついたり、引っ掻いたり・・。

 

突然、娘の脚に噛みつくカボさん。

 

 

また、結構な演技派でニャーと鳴いて私からご飯をもらうと、今度はダンナの所へ行き、あたかも何も貰っていないかのようにニャーと鳴いてご飯を要求。大食いカボチャの知恵(苦笑)。

 

猫を飼って分かった事!!

猫も可愛い♡
犬には無い仕草が可愛い♡

頭隠して尻隠さずのカボさん。
保護された時期はこの中にすっぽり入ったのに。

 

袋や箱があったらテッパンで入ります
(猫あるある)

 

犬派、猫派と言うけれど、結局、動物が好きでお世話が好きだから、愛情が芽生えれば、どちらも愛おしいと感じる。だから、何派とカテゴライズするのは、ナンセンスだと気づいた!だから、私は、自分の子供も含め『お世話派』かと。

 

カボチャは本日も元気よく家中走り回ってます。

稲山家のカボチャさんこれからも宜しくね^^

 

関連記事はコチラ⇒『保護猫カボチャが稲山家にやってきた!(前編)』
『稲山家の犬達の紹介Part1 ぷっちょ婆さん』
『稲山家の犬達の紹介Part2 ボクサー犬のメイちゃん』
『稲山家の犬達の紹介Part3 ドーベルマンのナナちゃん』

 

 

 

お問合せはこちら

ラインからのお問合せはこちらから
友だち追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です