収納棚に目隠しカーテンをつけて、スッキリとした室内へ。

こんにちは。

 

沖縄市のフリーランスのインテリアコーディネーター ・稲山聖子です。

 

前回は

事前告知 ならぬ 事後報告で
ブログお休みとなり、

 

覗きに来てくださった皆様を
非常にガッカリさせてしまって 申し訳ないです ><

 

(別にガッカリしていない方も、
ガッカリしたふりをして
盛り立てて下さい!―って何を?!)

 

さてさて、

今回のお題は
オープンな収納棚を
スッキリ見せる!!です。

 

あえてドアがないオープンな収納棚は,

ディスプレイを楽しむ事もできるので、
好んで設置されて 楽しんでいる方もいます。

 

また、オープンな収納棚が本棚なら、
あえて本を見せる事を楽しんだり、
本を同じ大きさや色でまとめて、

ゴチャつき感を抑える事もできます。

 

また、雑貨を収納する場合、
同じ色・大きさのカゴなどで 統一すれば、

スッキリとまとめることができます.

 

でも,

 納する物の種類や大きさ・色がバラバラの場合には、

同じ大きさのカゴに 収めるのは難しく、
まとまりなくゴチャゴチャ してしまいます。

 

 

そのゴチャゴチャした棚が、
リビングやダイニングの一角にあって、
常に視界に入ってくると、
部屋全体がゴチャゴチャして
散らかっているように感じます。

 

そんな時には!!

 

棚に目隠しにカーテンを
取り付ける事をお勧めします!!

 

カーテンポールに『のれん』をつける場合は、
伸縮式のポールを使えば 特別な加工なく、
女性1人でも簡単に設置できて 手軽でいいですよね。

 

ただ、

のれんタイプは左右への開閉は そんなにスムーズではないので、
その棚の使用頻度が多い場合には、
開け閉めしやすいカーテンの方がお勧めです。

 

ただし、カーテンの場合は、
棚にカーテンレールを取り付ける必要がありますし、

布・カーテンの吊り部分も  フックをつけられるように
縫製する必要が出てきて、 面倒にはなりますが・・・。

 

 

そして、カーテンレールは、棚の横幅に合わせて
自分でカットしなければ いけないのですが、
素人がアルミ製のレールをカットするのは、
容易な事ではありません。

 

そこでお勧めなのが、
ホームセンターで売っている
自分でカットできる                           

カーブレール                                       

です!

 

 

(←これはニトリで税抜き1,843円で購入したものです)

(←中には、ドライバー以外の必要な物は全て付属しています。
但し、糸のこぎりは付属していますが・・・
コレをどう使えと⁈という感じ物なので、
糸のこぎりは100均とかで購入する方が良いです)

(あと、カーブレールはくるくる巻かれて収納されているので、
収納棚の直線部分に取り付けるには、伸ばす必要がありまが、
日中の車内に放置して,熱が加わったところを
手で伸ばしていくと伸ばしやすいです。
雑な手ほどきで申し訳ない😅)

 

カーブレール
なかなか馴染みのない言葉かと思いますが・・・

 

 

これは出窓(L字型、湾曲型、コの字型、台形型)に
対応できるような柔らかめのプラスチック製レールで、
カッターや糸のこぎりで容易にカットできます。

 

 

また、通常のカーテンレールは
取付金具(ブラケット)の位置から レールまで距離があるので、
収納棚に使用した場合、
棚とカーテンまでに隙間が出て、
一体感が減少してしまうように 感じます
(㊟レールの取り付け位置が天井付け・正面付け、
ブラケットの出幅などで隙間の出方が変わってきますが・・・)

 

その点、カーブレールは、
取付金具(ブラケット)から近いところにレールがくるので、

棚とカーテンの隙間問題をクリア できます。

 

なので、

通常のカーテンレールで カーテンを取り付けるよりも、
収納棚には、カーブレールを使用 した方が良いです。

 

レールを取り付けたり、カーテンを縫製したりと、
多少の手間はかかりますが、

開閉は, ポール&のれんよりも
カーブレール&カーテンの方が
断然スムーズでお勧めです!!

 

あと、

オープン収納棚の目隠しを
カーテン(手持ちの布でもOK)で することのお勧めは、

季節や気分によって、 カーテン(布)の色柄を変えて
楽しむ事ができます。

 

私のブログで何度も 書いているのですが、
布使いで、手軽に!  部屋の雰囲気を変えて
楽しむ事できます。

 

部屋の窓の大きなカーテンを取り換えるのはお金もかかるし、
気軽に!頻繁に!交換して楽しめないですよね。

 

でも!!

 

収納棚の目隠しのカーテンなら


気軽に!
頻繁に!
季節・気分ごとに!

 

交換して楽しめますよね ♪

 

例:ゴチャゴチャした棚(Before)

 

→目隠しでスッキリした棚(After)

 

→今回は、依頼者の棚の使用頻度等を考慮して、
布を3分割して棚のどこからでも開閉できるようにしました。

 

 

目隠しのカーテン(布)と テーブルカバーや
クッションカバーなどを 合わせれば、

部屋に統一感も出てきますよね。

 

ゴチャゴチャ感も隠して、
楽しめれば一石二鳥!!

 

ゴチャつき感のある収納棚で お困りの方~

 

開閉が少なくて小さな棚なら手軽なのれんを!

 

開閉が多くて大きな棚なら、
(加工の面倒はありますが)、
カーブレール&カーテン

取り付けてみるのは
いかかがでしょうか~?

 

最近おふざけが多かったので、
少しは皆様のお役に立てる情報と なったなら嬉しいです。

 

では

来週金曜日にお会いしましょう^^

 

 

 

 

お問合せはこちら

ラインからのお問合せはこちらから
友だち追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です