庭にどんな樹木を植えたいですか?庭に樹木を植える際に注意したいポイント6つ!!

こんにちは。

インテリアコーディネーターの稲山聖子です。

 

コロナ自粛まだまだ続きますね。

 

沖縄は人口当たりの感染者数が
日本一になってしまいました。

 

今までは、対岸の火事みたいな気持ちもありましたが、
いよいよマズい事になってきたな!
感染対策をしっかりしていかねば!!
と改めて気持ちを引き締めていこうと思っています。

 

だから!

やっぱり!!

せっせと体内アルコール除菌を!!
(ただ飲みたいだけじゃないんですよ~^^
除菌です!除菌!!)

 

 

さてさて、今日は、庭の植木のお話です。

 

家の中のものはインテリアと言うのに対して、
お庭はエクステリアといいます。

ちなみにインエクスも付かないテリアはワンコです^^
アホですんません( ^ω^)・・・

 

以前にも書いたのですが、
私は庭いじりが好きで、
庭のあるおうちのインテリアを任されたら、
庭もトータルでデザインしたいなと考えています。

 

窓を額のようにとらえて、
その額に庭を切り取って収めたい!!

 

庭のある人様のお宅にお邪魔すると、
『あ~、このソファから、
こんな景色が見られたら素敵だろうな~』
とよく思いを馳せてます。

 

中も外もトータルコーディネートできる
コーディネーターになりたいです。

関連記事はこちら

 

それはさておき、
今回は、庭に植える植木についてです。

 

庭をお持ちの皆様、どんな植栽をしていますか?

『きれいな花が咲くから』

『丈夫だから』

『造園屋さんが勧めたから』

色々な理由があって植栽されたんですよね^^

 

ご縁があってやって来た樹木。
大切にしてあげて下さいね~。

 

これから、新しく植栽をするという方にアドバイスです!!

 

樹木を選ぶポイント6つ

 

1 土壌(酸性、アルカリ性など)は合っているのか?

2 日当たり(日向、半日陰、日陰)は合っているのか?

3 水やり(たっぷりの水か乾燥気味か)はどうか?

4 風当り(風に弱いかどうか)はどうか?

5 成長した姿(大きさや樹形根の張り方など)が分かっているのか?

6 害悪(毒素の有無、害虫の付きやすさ)があるかないか?

 

これらを考慮して庭に植える樹木を選定することをお勧めします。

 

今回はポイント1をもう少し具体例を出して見ていきますね。

次回以降その他のポイントももう少し解説を付け加えていきます。

 

1 土壌(酸性、アルカリ性など)は合っているのか?

一般的に植物は、中性~弱酸性の土壌を好むと言われています。

でも、植物にもそれぞれ好みの土壌があって
酸性寄りを好む植物やアルカリ性寄りを好む植物がいます。

 

あなたの庭の土に適した植物でないと元気よく育ちません。

 

あなたの庭の土壌が酸性寄りなのか、
アルカリ性寄りか調べたい方は、
500〜600円台でPH試験紙が買えますので、
利用してみて下さい。

 

ちなみに私の自宅の庭は、
粘土質で水はけが悪く、

アルカリ性寄りの土壌(おそらく)です。

 

おそらくと言うのは、測定したことはありませんが、
造園屋さんが、この庭ではツツジに適した土壌ではなく
育たないと
言っていたので・・・

 

ツツジは酸性を好みます

 

ツツジを地植えにしたかったのですが、
地植えを断念して、園芸店で一番大きな植木鉢を買ってきて、
鉢で育てています。

 

庭にはもう既に色々な種類の樹木があって、
今更、土壌改良ができないので、
地植えと鉢植えとで住み分けして育てています。

 

鉢は地植えに比べて保水力がなく、
通気性が悪く蒸れやすいですが、
水やりをきちんと管理できれば、
異なる土壌を好む植物も一緒に楽しむ事ができて
お勧めです。

 

また、大きな鉢を置くと、庭に高低差ができて
奥行き感が出るので、鉢を上手に取り入れるのも
お勧めです!!

 

今日は、 ポイント1  を少し掘り下げましたが、
来週は  ポイント2  以降を掘り下げていきたいと思います。

 

庭の植栽、園芸に興味のある方は
来週も覗いて下さいね~ 

お問合せはこちら

ラインからのお問合せはこちらから
友だち追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です