庭に植える樹木を植える際に注意したいポイント6つ!! のうちのポイント3 水やり編

こんにちは。

インテリアコーディネーターの稲山聖子です。

 

先日の我が家の会話。

長男「お母さんは、よくお父さんから諭吉もらうよね。
   でも、すぐいなくなっちゃうんでしょ?
   無駄遣いしすぎじゃない?」

 

私「もらった諭吉さんは、食料品を買ったり、君たちのお洋服買ったり、
  生活に必要なものに消えていくんだよ!
  お父さんがちゃんと生活費を稼いできてくれるから、生活できるの!」

 

という話をしていると、横から次男が参戦

 

次男「あーそれ分かるよ!」
  「例えば、お母さんがブタとかクマだったら、
   飼い主さんがちゃんと餌あげて、
   お世話しないといけないって事でしょ!!」

 

・・・

いや、間違ってはいないが・・・

 

その例え、おかしくね?

 

ブタはともかくクマは家畜なのか?!
しかもわざわざ、
私を豚や熊に引き直さなくてもいいんじゃね?

 

まじめな話をしていても
いつも、トンチンカンな感じで終わってしまう稲山家の会話。

 

さて、
『庭に植える樹木を植える際に注意したいポイント6つ』
と題して、前回、前々回でポイント1,2を見てきましたが、
今回はポイント3の水やりです。

その前に、ポイント6つのおさらい

 

樹木を選ぶポイント6つ

 

1 土壌(酸性、アルカリ性など)は合っているのか?

2 日当たり(日向、半日陰、日陰)は合っているのか?

3 水やり(たっぷりの水か乾燥気味か)はどうか?

4 風当り(風に弱いかどうか)はどうか?

5 成長した姿(大きさや樹形、根の張り方など)が分かっているのか?

6 害悪(毒素の有無、害虫の付きやすさ)があるかないか?

 

今回はポイント3の水やりについてです。

『水やり3年』と言われるほど、水やりは難しいんです!

枯らしてしまう多くの原因は誤った水やりです。

水やりも鉢植えと地植えでは異なってくるので、
注意が必要です。

水やりは、根っこに水分を届けるだけでなく
地中に水分と一緒に新鮮な空気を届ける意味もあります。
だから、
水をやる時には、地表が湿る程度の量では足りず、
地中までしっかり水分が行き届くよう
一度にたっぷりの水を与えなければいけません。

 

そして、次に水やりをするときは、
地表が乾いてからやります。

 

なので、回数を少なめにして、
一回でたっぷりの水を与えるのがコツです。

ポイント1の追記でも書きましたが、
庭の土壌が乾燥気味なのか水はけが悪いかも考慮しながら、
水やりの量を調整するとよいかと思います。

 

あと、当然の事ですが、
葉水や根本に水やりをするときには、
ホースのノズルをシャワーにして、
優しくかけてあげましょう。

 

以前、息子に水やりをお願いしたら、
ホースのノズルをジェットにして、
勢いよく、根元にかけていました。
根元の土が飛び散って、根っこが見えてしまってました。

 

当然、息子をど突きましたが、
皆さんは、優しくかけてあげて下さいね^^

 

 

 

<夏場の水やり>

地植えの場合
基本的には水やりはしません。

でも、夏場1週間近く日照りが続くようであれば、
たっぷり水やりをしましょう。

で、あと放置でOK

(但し、地植え直後の樹は根が張っていないので、
きちんと根が張るまでは毎日水やりしましょう)

 

鉢植えの場合
毎日、朝1回もしくは朝晩2回
たっぷりの水を与えましょう。
朝の1回だけか、朝晩の2回かは、
土の表面の乾き具合や乾燥を好む植物なのか
を判断しながら与えましょう。

 

葉っぱが黄色や茶色くなったり、
元気なくしおれたり、白い綿のようなカイガラムシが
発生している時は、水不足が考えらます。

その場合には、水の量や回数を増やして様子を見ましょう。

 

水の量も大事ですが、
水やりの時間帯も大事です。

 

夏場なら、朝晩の涼しい時間帯にしましょう。

 

日中の日が高いうちに水やりすると、
葉や茎に残った水滴がレンズの役割を果たし、
葉や茎が焼けてしまいます。

 

また、地中で水が温まり、根を傷めてしまいます。

 

とくに鉢の中は蒸れやすくなるので、
夏場の日中の水やりはNGです。

 

涼しい時間帯に水やりする時も、
ホースに溜まった水や水道管に溜まった水が
熱くなっていないか確認してから、
水やりを開始しましょう。

<冬場の水やり>

地植えの場合

基本的には必要ありません。

葉っぱが全体的にしなだれて、
元気がないなと感じたら
たっぷりの水を与えて下さい。

 

鉢植えの場合

1日1回~2日に1回、乾燥気味を好むものは
もう少し間隔をあけてもいいかもしれません。

 

水やりの時間帯は、気温が下がってくる夜は避けて
暖かい時間帯であげると良いと思います。

 

ただ、沖縄では夏場と冬場をあまり分ける必要はなくて、
私は時間のある朝か晩にあげています。

 

個々の植物に合った水やりをするのは本当に難しいです。

 

湿った所を好む植物なのか、
乾燥気味を好む植物なのか、
水はけの良い土なのか、
水はけの悪い土なのか、

鉢植えなら鉢の大きさはどうか

 

などを考慮して、最終的には
土の乾き具合や葉っぱの元気具合を
観察しながら対応していかなければいけません。

 

鉢植えの場合なら、
水はけの良い土や保水力がある土に入れ替える事は容易ですが、
庭はそういう訳にはいかないので、
庭の土壌に合った植物を選んで、
水やりの量を調整してくださいね^^

 

私の経験上、
あげ過ぎは、
根腐れしてすぐにダメになってしまいますが、

あげないで放置の時は、
意外とダメになりません。

あげない時は、
葉っぱのしなだれ感で水不足が分かるので、
そのサインが出てからあげても十分間に合います。

 

植物は意外と強いので、
せっせとお世話するより放置することをお勧めします。

放置はするけど、観察はしていて下さいね。

そこが愛情だと思っています^^

愛情を注いで、元気な樹木を育てましょ^^

 

次回は、ポイント4の風当りについてです。

園芸に興味のある方は覗いてみて下さいね~

 

では、来週金曜日にお会いしましょう〜

 

 

 

 

お問合せはこちら

ラインからのお問合せはこちらから
友だち追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です